うつ病

うつ病患者が「継続できる働き方」について考えてみた

こんにちは、あつきです。

先週の金曜日、仕事帰りに「うつ病を治しても、考え方や働き方を変えなければ、また同じ道を辿ってしまう・・・」とぼんやりと考えていました。

そんなとき、ふと「継続できる働き方ってなんだろう?」と思ったのでした。

これはうつ病の人だけではなく、働くすべての人に考えて欲しいことです。

というわけで、今日はうつ病患者の僕が、「継続できる働き方」について考えてみました。

それでは行ってみましょう。


なぜ「継続できる働き方」を考えるべきか?

うつ病患者だけでなく、働く人すべてに考えて欲しいと書きました。

その理由は「継続できない働き方をして、最終的にたどり着くのは不幸」だからです。

例としては極端かもしれませんが、僕のようにうつ病になったり、大きな病気を患ったり、

無理な働き方を続けることで家族や大切な人との関係性が壊れることもあるかもしれません。

僕の目から見ても、多くの人が継続できない(無理な)働き方をし、不幸になっているように思えるのです。

皆さんも心当たりはありませんか?

では「継続できる働き方」とは?

自分はこのように定義しました。

継続できる働き方 = 心身の疲れを次の日持ち越さない働き方

1日の仕事の中で生まれた心と体の疲れを、その日のうちに回復できる

いわば、負債のない働き方と言えるでしょう。

回復というのは、会社から帰った後の休息で、心と体の疲れを取ること。

ご飯を食べる、テレビを見る、本を読む、YouTubeを見る、お風呂に入る、寝る・・・

色んな人それぞれ色んな休息があると思います。

その休息を経て、次の日に目覚めたときに元の状態にまで回復している。

理想は

月曜朝の状態 = 火曜朝の状態 =・・・= 金曜朝の状態

です。

多くの人は、前日の疲れを多少なりとも残して、次の日の朝を迎えいるのではないでしょうか。

また、平日に疲れを溜めこんで、休日を寝て過ごしたり、

ストレス発散のためにお金を無駄遣いしたり、食べ過ぎたりしてしまうなんてことはないでしょうか。

負債なしで次の日を迎えるために

1日の中で消費した分は、その日のうちに回復できるように工夫しましょう。

色んな方法があると思います。

  • 残業時間を減らす
  • お風呂には必ず入る
  • 美味しいものを食べる
  • 睡眠は○○時間異常必ず取る
  • などなど

また気をつけるべきは、休息が新たな負債を生んでいないか?

ということです。

例えば、美味しいものを食べることが最高の休息だよ!という人。

でも美味しいものを食べ過ぎてしまうと、睡眠の質が落ちますし、胃もたれで次の日に影響が出るかもしれません。

また、長期間続けると、体重の増加やお金の浪費にもつながり、新しい負債になってしまいます。

まとめ

「継続できる働き方」とは、心身の疲れを次の日に持ち越さない働き方。

1日の中で消費した分は、その日のうちに回復することを心がける。

また、休息は、新たな負債を生んでないかを意識し、長期的に見ても問題ないものを選ぶ。

今回は、休息を中心に考えましたが、疲れない働き方を考えることも大事だと思います。

これはまた別の機会に。

おわり

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です