うつ病

【うつ病】心療内科へ行った理由

こんにちは、あつきです。

今日は、僕が心療内科へ行くようになった経緯について書いていきます。


うつ病かもと思ったのは

2019年5月でした。

その当時の状態は下記をお読みください。

その当時は、自分の状態から「うつ病なんだろうな」という自覚はありました。

ネットで「うつ病 症状」と検索すると、見事に自分と一致していました。

しかし、その当時は病院へ行くことができませんでした。

まさに仕事の期限が迫っていましたし、病院で「うつ病です、仕事を休んでください」と言われて周りに迷惑をかけるのが怖かったからです。

また、周りの人がうつ病だと知ったら、どんな風に思うだろうかと想像することで、病院へ行く勇気が出ませんでした。

うつ病と診断されることで社会に拒絶され生きられない

そんな考えがあったと思います。

結果「そんな風になるなら死にたい」「こんな辛い人生であるなら死にたい」という言葉たちが頻繁に頭をよぎっていきました。

その当時の自分の頭の中では「死ぬ」以外の選択肢はなく、合理的にその選択肢が正しいと思えていました。

今はそれが間違いと分かりますが、うつ状態では、本当にそれが正しいと思っていたのです。

とは言いつつも死ぬ勇気もなく、無理して会社に行っていました。

そんな風に何とかやり過ごし、忙しい時期を終えたのでした。

忙しい時期がすぎて、対策を立ててみた

忙しい時期が過ぎてしばらくすると、「死にたい」と思うことも減っていきました。

気持ちに余裕が出てきたあるとき、忙しい時期を振り返ることがありました。

忙しい時はどのようにすべきか対策案を紙に書きだしました。

残業時間は週に10時間までにしようとか、週に1回はジムに行こうとか、

その対策の一つに「今度、死にたいと思ったら、誰かにヘルプを出そう」がありました。

2度目の「死にたい」時期

心の調子は次第に良くなっていったのですが、「何となくやる気が出ない」「頑張りたいけど頑張れない」という状態は改善されませんでした。

そして、そのまま2度目の忙しい時期に入りました。

すぐにメンタルが悪化し、「死にたい」ということが頭の中に浮かぶように。

「今度、死にたいと思ったら、誰かにヘルプを出そう」と考えていたこともあり、外にSOSを発信することにしました。

僕がSOSを発信したのは、Twitterでフォローしていた精神科医や心理カウンセラーなどでした。

数名にダイレクトメッセージを送り、その中で一人だけ返信をくれた方がいました。

ふじむらたいきさんです。

送ったダイレクトメッセージ

ふじむらさんからいくつかアドバイスをいただき、カウセンリングで吐き出してみるのがいいかもということだったので、カウセンリングを受けてみようと思ったのでした。

カウンセリング場所と聞いて、まずは会社の相談口を見てみようとHPを見ました。

しかし、結局どうやってアポを取ればいいのか分からず断念。

ネットを探して見るけれども、探していたカウンセリングではなく、心療内科ばかりが出てくるので、「心療内科行ってみようか」となり

心療内科の予約をしたのでした。

これが僕の心療内科へ行くようになった経緯です。

心療内科に通院している現在

正直、心療内科へ行ってよかったです。

僕はずっと立ち止まるべきでした。

自分の身体が発する危険信号を無視し続けていました。

あのまま続けていたら、ダイレクトメッセージに書いたように、僕は壊れていたと思います。

心療内科へ行くきっかけをくれたふじむらさんには、本当に感謝しています。

実は、ふじむらさんにからメッセージをいただいたのに、返信を返せていません。

大変失礼な自分ですが、

いつか、うつ病を完治したら、またお礼のメーセージを送ろうと思います。

おわり

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です