【読書】科学的な適職(著:鈴木祐)

こんにちは、あつきです。

今日はパレオさんこと鈴木祐さんの新刊「科学的な適職」をレビューしていきます。

著者の鈴木祐さんは、物凄い量の科学論文を読んでいる科学オタクな方です(褒め言葉)

新進気鋭のサイエンスライター。1976年生まれ、慶應義塾大学SFC卒業後、出版社勤務を経て独立。10万本の科学論文の読破と600人を超える海外の学者や専門医へのインタビューを重ねながら、現在はヘルスケアや生産性向上をテーマとした書籍や雑誌の執筆を手がける。自身のブログ「パレオな男」で心理、健康、科学に関する最新の知見を紹介し続け、月間250万PVを達成。近年はヘルスケア企業などを中心に、科学的なエビデンスの見分け方などを伝える講演なども行っている。著書に『最高の体調』(クロスメディア・パブリッシング)、『ヤバい集中力』(SBクリエイティブ)他多数。

Amazonの商品説明から引用

鈴木祐さんのブログ「パレオな男」では、毎日、健康に関する論文を分かりやすくまとめられています。毎日チェックしているブログの一つです。

鈴木祐さんのブログ「パレオな男」https://yuchrszk.blogspot.com

そんなパレオさんの科学的根拠をもとに書かれた新刊です。

それでは行ってみましょう。


適職とは

タイトルから、就活生や転職希望の人向けの本かな?と思ったけど、そんなことはなく働く人すべてに役立つ本でした。

パレオさんが本の中で言う適職とは

念のためご説明しておくと、ここで言う「適職」の定義とは、

◉あなたの幸福が最大化される仕事

鈴木祐著「科学的な適職」から

この本の冒頭にも出てきますが、多くの人が仕事を人生の後悔としてあげるそうです。

仕事の時間は、私たちの生活の大半を占めているのに、多くの人は後悔というのです。

確かに、自分も含めて、職場の周りで心から仕事を楽しんでいて幸せそうな人って見当たらないなーと。

逆にいうと、生活の大半を占める仕事が、自分の幸福を最大化してくれたら、どんなにいいだろうか・・・。

そんな風に考えてる人であれば、読んで損はない内容となっています。

仕事に関する8つの悪と7つの徳目

というわけで、自分は「今すぐに転職を!」と考えている人ではなく、幸福な働き方を探している人なので、特に、<ステップ2><ステップ3>が勉強になりました。

<ステップ2>では「最悪の職場に共通する8つの悪」

<ステップ3>では「仕事の幸福度を決める7つの徳目」

が紹介されています。

アマゾンの紹介ページに題目が載っていたので引用します。

アマゾンの紹介ページから
アマゾンの紹介ページから

うーん、すごく思い当たります・・・。

仕事が原因で体調を崩した自分は、悪にチェックが多く、徳目にチェックが少なかったです。

ひとまず幸福度を高める働き方をするためには、悪を減らし、徳目を増やしていけばいいということですね。

ここら辺を意識して、仕事の幸福度をあげていきたいと思ったのでした。

自分の仕事を好きになる

さて、この本の最後の章では、自分の仕事を好きになる方法として、クラフティングが紹介されています。

簡単に説明すると、科学的に効果が実証されているやりがいを再構築する方法です。

ここに関してはタスクがあるので、後日やってみたとしてブログを描こうと思っています。

また、ブログに追記していきますね。

まとめ

科学的根拠をもとに書かれた幸福な働き方を提示する本です。

就活生や就職希望者だけでなく、働くすべての人にオススメな本です。

ちょうど、働き方について考えていた僕にとって最高な一冊となりました。

おわり

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です