コラム

考え、捨てる

2020.1.1

日付を書いてみると、数字が何となく揃っていて、縁起がよい気がする。

2019年の振り返りをしようと思いつつ、何となく避け続けてこの日を迎えた。

今日は2019年を少しだけ振り返りつつ、これからのことを書いていこうと思う。

2019年は個人的に今までに経験したことのないことの連続だった。

一番の出来事は、うつ病になったことだ。というかそれだけだった。

うつ病を患った当時の自分は、一日中24時間仕事に頭の中を支配されていた。

寝ても夢の中でも仕事をし、夜中に何度も何度もうなされ、目を覚ました。

当時の自分の日記には、

「何のために働いているんだろう」

「誰のために働いているんだろう」

「どうして生きているんだろう」

「死にたい」

こんな言葉たちが並んでいた。

たくさんの抵抗をしたが、無残に破れ、されるがままに心身を壊していった。

仕事のピークが終わり数ヶ月過ぎたが、僕の体調が戻ることはなかった。

集中力がなく、頭が働かず、すぐにパニックになる。

頑張りたいけど、頑張れない。

今まで大好きだったものが、見るのも苦痛になる。

今まで楽しかったことが楽しくない。

何のために生きているのか分からなかった。

もう頑張れない。

診療内科へ行き、「うつ病」と診断されたのであった。

現在は、上司にも伝え、仕事をセーブしてもらいながら働いている。

今までの僕は、何かを得ようと全力であったのだと思う。

でも、その何かが分からなかったから、無理をして心身を壊してしまったのだと思う。

会社の上司との面談の際に、時々言われることがある。

「あの大変だった時期を経験したからこそ、得られたものもあるよね」

そんなことを言われる度に、僕は心の中で苦笑いしながら「そうですね」と返していた。

現在の僕ならはっきり言える。

健康と引き換えに手に入れたものは、あまりにもちっぽけなものだった。

現在の僕が手に入れたいものは、健康だ。

楽しい時に楽しい

嬉しい時は嬉しい

悲しい時は悲しい

苦しい時は苦しい

と思える心身の健康が欲しい。

そして、幸せになりたい。

今まで幸せになる方法を、出世することやお金持ちになることだと思っていた。

でも、それは違うと、死の淵に立って分かったのである。

それは、何かを得ることによってたどり着く足し算的なものではなく、

不要なもの、余計なものを捨てていくことによってたどり着く境地だと。

捨てるものは、物質的な物だけでなく、思考や行動も含まれる。

自分の周りのものを見つめ直し、それ以外の不要なものを捨てていこう。

そう決意した今日。

皆さんにとって幸せな一年になりますように。

あつき

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です