働き方

2020働き方【うつ病】

こんにちは、あつきです。

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

さて今日は、仕事始まりということで、2020年働き方の目標を書いていきます。

ちなみに、2020年の目標は「考え、捨てる」です。

それでは行ってみましょう!


病気の完治を最優先する

僕は、2019年9月にうつ病と診断されました。

今は仕事の業務量をかなり減らし、負担が大きくならないように配慮してもらっています。(この辺は、理解ある上司に非常に感謝しています)

それと同時に、「申し訳ない」という気持ちも大きいです。

しかし、いったんそういう気持ちは置いておいて、病気を治すことに専念します。

  1. 働く時間を減らす。残業時間を週5時間以内にする。
  2. できないこと、無駄な仕事は断る。
  3. 頑張り過ぎない。頑張らない。
  4. 有給を20日取得する。定期的に休息する。

自分に合った働き方を模索する

うつ病を治すことが最優先ですが、それと同時に、働き方を模索する必要があります。

というのも、うつ病は寛解(一時的に症状がなくなること)の率は90%、再発率は50%と言われているようです。

うつ病が良くなっても、以前と同じような働き方・考え方をしていては再発してしまいます。

したがって、うつ病の治療期間に、働き方を模索する必要があります。

  1. 不安を不安のままにしない。紙に書き出す。
  2. メリハリを付ける。1時間ごとにリフレッシュする。(トイレ、軽いのび、飲み物)
  3. 1日の中で完結する。1日の疲れは、その日のうちに回復する。

おわり

うつ病患者の僕が、働き方目標を書いてみました。

たぶん多くの社会人にとって、仕事をなめんなとお叱りを受けそうですが、いいんです。

僕はまず、うつ病の完治を目指します。

今年は、政府の働き方改革の年でもあります。

皆さんも、自分の働き方について考えてみてくださいね。

おわり

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です