ガジェット

【レビュー】「PITAKA」MagEZ Case iPhone12ケース

こんにちは、あつきです(@conttogrow)

今日は、iPhone 12ケース 「PITAKA」MagEZ Caseをレビューしようと思います。(iPhone12無印用ケースですのでお間違いなく!)

実はこのケース、自分の誕生日に頂きまして、1週間使用してのレビューになります。

当初、レビューする気もなかったので、開封写真の撮影もせずに開けてしまいました。

しかし、使用してビックリ!

もう控えめに言って最高なケースであることに気づいてしまいました笑

そこで今回は急遽レビューしていこうと思います。

最後までお付き合いただければ幸いです。

「PITAKA」MagEZ Case iPhone12の外観

左はiPhone12 Blueに装着したPITAKA、右は外箱

じゃじゃーん。今回は僕が使用しているiPhone12 Blueに装着してみました。

黒/グレー ツイル柄
(撮影環境が悪く、影が入ってます)

今回購入したのは、黒/グレー ツイル柄のPITAKAケースになります。

Amazonをチェックしてみると5種類の色がありました。

自分のお気に入りの色を探してみてください。

左から 黒/グレー 黒/ブルー 黒/ローズゴールド 黒/赤 黒/黄

人気色の黒/グレー以外は、Amazonで購入すると10%引きのクーポンが付いていますので、ぜひこの機会にどうぞ(2020/12/11現在)。

PITAKA表面

PITAKAケースの特徴的なポイントは「しま模様(ツイル柄)」であること。

PITAKA裏面
PITAKAケースとiPhone12 Blue
iPhone12 Blue 装着①
iPhone12 Blue 装着②

どうですか、最高にカッコよくないですか?

それではケースの細部を見ていきましょう。

電源ボタン①
電源ボタン②
音量ボタン①
音量ボタン②
コネクタとスピーカー部
上部

写真の通り、各ボタン部分は切り抜きされた開口タイプになっています。

そのため、ボタンを直接押せるため、ボタンを押す感触はとてもいいです。

ただし、ボタン部分はむき出しになりますので、保護という観点では少し弱いかもしれません。

上はPITAKAケース、下はApple純正シリコンケース

ここは好みが分かれそうなところですが、僕はボタンを直接押せるPITAKAケースの開口タイプが好きです。

「PITAKA」MagEZ Case iPhone 12の特徴

素材はアラミド繊維

アラミド繊維とは、ボディアーマー、スーパーカー、飛行機、宇宙船、F2マシンなどによく利用される素材です。軽量、極薄、擦り傷防止、色褪せない、信号干渉なし等の特徴を有しています。

(Amazonの商品説明欄より)

素材はアラミド繊維を使用しており、傷に強くとても頑丈です。

薄さ0.85mm、重さ15g

ケースを装着していないような薄さ&軽さです。

PITAKAマグネット式の車載ホルダーと一緒に使用可能

PITAKAケースにはメタルプレートが内蔵されており、PITAKAマグネット式の車載ホルダーに対応しています。

「PITAKA」MagEZ Case iPhone12のGOODポイント

  1. 見た目がカッコいい
  2. 持ちやすい

①見た目がカッコいい

PITAKAケースの一番の魅力は、このカッコよさにあると思います。

必要最低限の薄さでiPhone12本体を保護しつつ、iPhone12本体の洗練されたフォルムを際立たせます。

特に今回のiPhone12シリーズは、本体のエッジが角張りました。

右はApple公式の純正シリコンケース

一般的なシリコンケースを装着すると、今回のせっかくの角張ったデザインが埋もれてしまいます。

②持ちやすい

PITAKAの強みはとにかく薄くて軽いこと。

iPhoneに装着しているにも関わらず、まるでiPhoneを裸のまま使っているような使用感です。

Phone裸族派の皆さんもこのケースであればきっと気にいるはず。

iPhone12は11インチであり、人によっては少し大きめの本体サイズです。

そのため、ケースを付けて少し大きくなることで持ちにくく感じてしまう人も多いハズ。

しかし、PITAKAケースはiPhone本体の大きさをほとんど変えずに装着可能。

iPhone12のサイズをこれ以上大きくしなくない人はぜひ使ってほしいです。

また、PITAKAケース表面はツイル柄になっているため、滑らず手に馴染みやすいです。

ホコリや指紋が付かないのもお気に入りポイントです。

「PITAKA」MagEZ Case iPhone12のBADポイント

  1. 取り外しが難しい
  2. 値段が高い

PITAKAケースのBADポイントはこの2点です。

①取り外しが難しい

これ、はじめ本当に困りました笑

ケースのサイズがピッタリのため、全然外れませんでした。

ただ、よくよく見ると、商品箱に外し方が書いてありました笑

コツは必要ですが、今は自然に外せるようになりました。

②値段が高い

自分はプレゼントとして頂きましたが、ケースのお値段としては5,500円とお高いです。

ただ、このPITAKAケースの満足度を考えれば、自分は5,500円出してもいいかなと思っています。

まとめ

いかがだったでしょうか。

個人的には大満足のPITAKAケースです。

スマホケースは日々手にしているだけあって劣化が激しい製品ですが、PITAKAケースであればそんな心配もありません。

長く満足感が続く製品だと思います。

良かったら購入してみてください。