お金

お金の勉強を始めます

こんにちは、あつきです(@conttogrow)

最近、お金の勉強を始めました。

お金に関する書籍をたくさん買い込んで、コツコツと読み進めています。

せっかくなので、お金の勉強の過程をココに残していきます。

もし、この記事を読んでくださる方の中に「自分もお金初心者だよー」という方がいれば一緒に勉強をしていきましょう。

今回は、僕の「お金について勉強する理由」と「勉強の仕方」を書いていきます。

この記事をオススメする人
  • お金に不安のある方
  • お金の勉強をしたいと思っている方

お金について勉強する理由

さて、この記事を読んでくださっている方は少なからずとも、お金について興味がおありだと思います。

では、なぜお金について知りたいのでしょうか?

自分がいま、お金ついて勉強する理由は3つあります。

  1. 不安を無くしたいから
  2. 自由になりたいから
  3. 「お金の勉強に遅いはある」から

詳しく説明していきます。

お金の勉強をする理由①:不安を無くしたいから

先生

お金に関してなんとなく不安に思っていませんか?

あつき

はい、不安です。

先行きが分からない時代。

何が不安かも分からないという漠然とした不安を抱えている人が多いのでは無いでしょうか。僕も同じでした。

不安の正体を考えていたところ、この本を思い出しました。

ベストセラー本の「LIFE SHIFT-100年時代の人生戦略-」です。

現代は人生100年時代と呼ばれ、誰もが100歳以上生きる可能性がある時代です。

それに伴い、生き方を変えていかないといけないよーという内容の本です。

もう少し具体例を出して書いてみますと、

今までの日本の場合、65歳まで働き、残りの余生は年金と貯金と退職金で生きていくということが慣例でした。

しかし、100歳以上生きるとすると、その慣例は破綻します。

仮に105歳まで生きたと仮定すると、65歳で引退すると余生は40年になります。

容易に想像できると思いますが、余生が長くなりすぎるとお金が足りなくなります。

不安の原因は、お金が不足する未来が見えているからだと考えています。

(「LIFE SHIFT-100年時代の人生戦略-」では、どういった生き方をするとよいかまで書かれていますので、気になった方は読んでみてください。)

お金の勉強をする理由①:不安を無くしたいから

人生100年時代は、お金が不足する未来が見えているから不安

お金の勉強をする理由②:自由になりたいから

お金は人生の全てでは無いけれども、有ると選択肢が増えると思っています。

また、お金を持っているという安心感は、心理的にも有効です。

お金を持つことは、目的ではなく自由であるための手段であると考えています。

お金の勉強をする理由②:自由になりたいから

お金を持つことは、目的ではなく自由であるための手段

お金の勉強をする理由③:「お金の勉強に遅いはある」から

例えば、老後65歳以降の生活のためにお金を貯める場合、50歳から貯金するのと30歳から貯金するのを比較すると20年も時間の差が生まれます。

「お金の勉強に遅いはない」と言いたいところですが、このように確実にあります。

勉強するのに早いに越したことはないということです。

また、少しお金の勉強をしてみて知ったことですが、お金(資産)の管理には必ず「複利」という考え方が出てきます。

「複利」について詳細はまた書こうと思いますが、複利を利用するためには確実に時間が必要になってきますので、「お金の勉強に遅いはある」と言えます。

そのため、人生のなるべく早い段階で、お金の勉強が必要で有ると考えています。

お金の勉強をする理由③:「お金の勉強に遅いはある」から

人生のなるべく早い段階で、お金の勉強が必要

お金について勉強する方法

お金の勉強の方法は、今のところ

  • お金の広告で稼いでない人たちがオススメする本
  • 信頼できるメディア

を中心に勉強をしようと思っています。

インターネットを検索して出てくる情報は、スポンサのいる広告情報が上位に上がってくるため信頼できません。

そのため、自分はお金の広告で稼いでない人たちがオススメする本や自分が信頼に値すると思ったメディアからしていこうと思っています。

まとめ

お金を勉強する理由

  1. 不安を無くしたいから
  2. 自由になりたいから
  3. 「お金の勉強に遅いはある」から
お金の勉強する方法
  1. お金の広告で稼いでない人たちがオススメする本
  2. 信頼できるメディア

これから少しずつ勉強し、その勉強の整理をここに書いていきますので、よかったらお付き合いください。

また、間違ってるよーとか、ここの情報が勉強になるよーなどあればコメントしていただけると嬉しいです。

では、あつきでした(@conttogrow)