就労移行支援・リワーク

atGPジョブトレIT・Webの口コミ・評判【Web制作スキルを学べる就労移行支援】

1
  • 就職するために就労移行支援を探している
  • 専門スキル(Web制作スキル)を身に付たい
  • atGPジョブトレIT・Webがどういうものか知りたい
  • atGPジョブトレIT・Webの口コミ・評判を知りたい

このように思っている人たちに向けて、今回は記事を書いていきます。

「就労移行支援」とは、一般企業に就職を目指す障害者を対象にした、就職サポートのことを言います。

就労移行支援事業所は、全国に3500件以上あり、お住まいの地域にもたくさんの事業所があるはずです。

そんな数ある事業所の中で、IT・Web制作スキルを身に付けられる異色の就労移行支援があります。

それが「atGPジョブトレIT・Web」です。

今回は、Web制作に特化した就労移行支援「atGPジョブトレIT・Web」の特徴や実績、口コミ・評判を解説します。

記事内容は以下の通りです。

  1. atGPジョブトレIT・Webの良いところ
  2. atGPジョブトレIT・Webの悪いところ
  3. atGPジョブトレIT・Webの実績
  4. atGPジョブトレIT・Webの口コミ・評判

結論から言いますと、

IT・Web制作スキル(専門スキル)を身に付けたいなら、atGPジョブトレIT・Web!

この記事を読むことで、あなたにatGPジョブトレIT・Webが合うかどうか分かります。

あつき

筆者は精神障害者(双極性障害)です。現在、就労移行支援を利用中。

実際に就労移行支援を利用している経験をもとに、丁寧に解説していきます。

参考にしていただけたら幸いです。

atGPジョブトレIT・Webの概要

0

「atGPジョブトレIT・Web」を運営するのは、株式会社ゼネラルパートナーズ。

ゼネラルパートナーズは、障害者向けに様々な事業を展開している会社です。

有名なサービスとしては

  • atGPエージェント(就職・転職支援サービス)
  • atGP転職(求人情報サービス)
  • atGPジョブトレ(障害別コースがある就労移行支援)
  • atGPジョブトレIT・Web(IT・Web制作スキルが身に付く就労移行支援)

障害者で就職活動をしたことがある人ならば、一度は「atGP(アットジーピー)」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

atGPは、障害者の転職支援業界でNo.1の実績を誇っています。

そんなatGPが手がける就労移行支援が「atGPジョブトレIT・Web」です。

atGPジョブトレIT・Webでは、「Web制作スキル」と「働き続けるスキル」の取得を目指します。

現在は、渋谷・秋葉原・船橋・大宮に事業所があります。

ちなみに、今まではWeb制作スキル取得がメインの就労移行支援でしたが、2022年2月からプログラミングコース(秋葉原)、2022年4月からITエンジニアコース(渋谷)がオープン。こちらも要チェック!

atGPジョブトレIT・Webの良いところ

2

atGPジョブトレIT・Webの一番の特徴は、Web制作スキルを身に付けられることです。

あつき

Web制作スキルを学べる就労移行支援は、全国でもかなり珍しいです。

障害者枠は事務職の求人が多く、多くの就労移行支援は事務職に必要なスキル取得を目指します。

そんな中、事務職以外の職種で働くことも視野に入れられるようにと、atGPジョブトレIT・Webは設立されました。

卒業生は、WebデザイナーとしてWeb制作会社に就職したり、Web制作スキルを活かして幅広い業界で活躍しています。

atGPジョブトレIT・Webのオススメポイントは、以下の通りです。

  1. 就労支援サービスが充実
  2. Web制作スキルが身に付く
  3. デジハリのWebデザイナー講座が無料

①就労支援サポートが充実

atGPジョブトレIT・Webは、Web制作スキルだけでなく、働き続けるためのスキル取得にも力を入れています。

働き続けるために必要なのは

  • 生活リズムを整える
  • 安定して通所する
  • 自分の障害を理解する(自己理解)
  • コミュニケーションスキル
  • ビジネススキル

就労移行支援事業の運営で培った知見をフル活用した、働き続けるためのプログラムが用意されています。

また、就職活動から就職後の職場定着まで徹底サポート。

就職先の提案、面接や書類作成のお手伝いなどを行います。

atGPの就職・転職サービスも併用しながら、優位に就職活動を進めることができます。

②Web制作スキルが身に付く

上でも述べましたが、atGPジョブトレIT・Webの一番の強みは、Web制作スキルを身に付けられること。

9万人もの卒業生がいるデジタルハリウッド(通称:デジハリ)と連携しており、

atGPジョブトレIT・Webを利用すれば、デジハリの「Webデザイナー講座 就転職プラン(相当内容)」を受講することができます。

「Webデザイナー講座 就転職プラン」は、Web業界への就転職やキャリアアップを目指す方向けのプログラムで、卒業生の80%がWebデザイナーになっています。

未経験でも実践的にWeb制作スキルを学べ、Webサイトの企画から、設計、デザイン、コーディング、公開まで、全て1人でできるようになります。

学習の流れは、こんな感じ

  1. 動画授業を見る
  2. 課題を作成する
  3. 講師が課題を添削

現役のプロ講師による丁寧で分かりやすい講義は、初心者の方でも簡単に理解することができます。

講義動画のサンプル

カリキュラムの詳細は、コチラから見ることができます。

また、協力企業のプロジェクトに参加して、身に付けたWebスキルを実際に試す機会もあります。

③デジハリのWebデザイナー講座が無料

atGPジョブトレIT・Webを利用すれば、デジハリの「Webデザイナー講座 就転職プラン」を無料で受けることができます(就労移行支援にかかる費用は別途必要)。

デジハリで「Webデザイナー講座 就転職プラン」を受講する時にかかる費用は

  • 「Webデザイナー講座 就転職プラン」受講費用:281,600円
  • 「Adobe Creative Cloud」購入費用:39,980円

合計321,580(税込)です。

さらに、施設にPCも完備されているため、準備不要。

30万円以上かかる費用が0円で利用できるのは、かなりお得です。

Web制作スキルを学びたいのなら、atGPジョブトレIT・Webを利用しない手はないでしょう!

ちなみに、就労移行支援にかかる費用は、前年度の住民税によって決まります。

区分世帯の収入状況負担上限月額
生活保護生活保護受給世帯0円
低所得市町村民税非課税世帯0円
一般1市町村民税課税世帯(所得割16万円未満)9300円
一般2上記以外37200円
【参考】厚生労働省HP 障害者の利用負担

atGPジョブトレの利用者の過半数は無料で利用しています。

自分の負担上限月額が知りたい方は、市区町村の障害福祉課へお問い合わせください。

atGPジョブトレIT・Webの良いところ
  1. 就労支援サービスが充実
  2. Web制作スキルが身に付く
  3. デジハリのWebデザイナー講座が無料

atGPジョブトレIT・Webの悪いところ

3

続いて、atGPジョブトレIT・Webの悪いところを紹介します。

気になる点を3つ挙げます。

  1. 事業数の数が少ない
  2. 週4日以上の通所の原則
  3. オンラインで受講はできない

①事業所の数が少ない

atGPジョブトレIT・Webは、非常に魅力的な就労移行支援ですが、事業所の数が少ないのがネックです。

現在、事業所があるのは、渋谷・秋葉原・船橋・大宮の4ヶ所のみ。

関東地方に住んでいる方しか利用するのは難しいでしょう。

サービスが良いだけに、非常にもったいないですね。

②週4日以上の通所が原則

atGPジョブトレIT・Webは、スキル定着をはかるため、週4日以上の通所が原則です。

そのため、症状がある程度安定している人が対象になります。

病気の症状が安定していないという方は、同社サービス「atGPジョブトレ」の利用をオススメします。

症状別にコースが用意されており、自分の障害にあったサポートが受けられます。

atGPジョブトレについては下記にまとめていますので、参考にしてください。

atGPジョブトレってどうなの?口コミ・評判まで徹底調査!障害当事者の筆者がatGPジョブトレを徹底調査しました。...

③オンラインで受講はできない

atGPジョブトレIT・Webは、完全通所型のサービスです。

オンラインでの受講は、対応していませんので注意してください。

atGPジョブトレIT・Webの悪いところ
  1. 事業数の数が少ない
  2. 週4日以上の通所の原則
  3. オンラインで受講はできない

atGPジョブトレIT・Webの実績

4

ここでは、atGPジョブトレIT・Webの実績を紹介します。

atGPジョブトレIT・Webは、下記のように素晴らしい実績を出しています。

  1. 障害者の就職実績No.1
  2. 職場定着率91%
  3. 満足度92%

①障害者の就職実績No.1

atGPジョブトレの利用者の就職決定数は、東京都と大阪府でそれぞれ第1位。

atGPジョブトレの就労支援が非常に優れていることが分かります。

就労移行支援は、全国に数多くありますが、就職に繋がっていない事業所も多いです。

(全国の事業所の約30%が就職者数0です…)

その点、atGPジョブトレの利用者は、しっかりと就職できていますので、安心して利用することができます。

②職場定着率91%

atGPジョブトレの職場定着率は91%(半年後)で、非常に高い数値を出しています。

職場定着率とは、入社〇年目までに在籍している人の割合のことを言います

下のグラフは、全国の職場定着率です。

障害者の職場定着率
参考:障害種別ごとの一般企業への就職後の職場定着状況(厚生労働省)

半年後の職場定着率を見ると

  • 身体障害者:69.4%
  • 知的障害者:77.1%
  • 精神障害者:61.6%

atGPジョブトレの職場定着率91%が非常に高いことが分かります。

atGPジョブトレのプログラムは、就職だけでなく、就職後に「継続して働くこと」に役立っています。

③満足度92%

atGPジョブトレの利用者の満足度は92%です。

利用者の多くが、atGPジョブトレのサービスに満足しています。

atGPジョブトレが質の高いサービスを提供していることが伺えます。

atGPジョブトレIT・Webの実績
  1. 障害者の就職実績No.1
  2. 職場定着率91%
  3. 満足度92%

atGPジョブトレIT・Webの口コミ・評判

5

atGPジョブトレIT・Webの良い口コミ・評判

まずは、atGPジョブトレIT・Webの良い口コミを紹介します。

私はこちらに通って、スタッフの皆さんと出会って、とても大きな気付きがありました。 こちらのスタッフさん達は、障害に配慮した上で、ひとりの社会人として、ひとりの人間として私に接してくれました。 時には厳しく感じることもありましたが、でもそれは、障害だから仕方ないと諦めてる自分自身と向き合う為の言葉だと気がつき、私は考え方を変えることが出来ました。 そして今は、障害者採用で自分らしく働けています。(一部抜粋、太字筆者)

GoogleMap「atGPジョブトレIT・Web渋谷」口コミ

障害に理解のある良いスタッフに出会えたとのことでした。

スタッフの質は、就労支援の質に直結しますので、良い就労移行支援と言えます。

利用者と真面目に向き合ってくれるとても良い場所だと感じます。 「どうにかしたいと思っている」という気持ちが少しでもある人には、成長できる機会は沢山あると思います。 学べる機会もたくさん用意してくれてます。 本人の意思を尊重した上で、社会人として大人として真面目に職員さんが向き合ってくれるので、不安があってもやる気があればなんとかなると思います。(太字筆者)

GoogleMap「atGPジョブトレIT・Web渋谷」口コミ

やる気のある人に、成長できる機会を提供してくれる場所です。

受動的ではなく能動的に利用する人にとって、最高の就労移行支援と言えるでしょう。

次に、atGPジョブトレIT・Webで受講できる、デジハリの「Webデザイナー講座 就転職プラン」の良い口コミを紹介します。

Web制作をする際に知っておくべき「理論」を学習できたことがすごく良かったですね。ライブ授業を担当されていた先生の授業が非常にわかりやすく、すぐに実践に活かせるお話だったことが、印象に残っています。また、いろいろなことを相談できる仲間ができたのは助かりましたね。

デジハリHP

デジハリの授業は、非常に分かりやすいということでした。

Web制作が初めてという人でも安心して受講できます。

はじめから「プロを目指す!」と決めて受講をしていたので、ぜひ厳しめに添削をお願いしますと伝えていました。希望通り厳しい添削をして頂きました。添削はたくさん修正点を指摘してもらいとてもいい勉強になりましたね。プロの方に自分の作品をみてもらう機会はなかなかないですからね。(一部抜粋、太字筆者)

デジハリHP

プロの講師に、添削してもらえる機会があり、とてもいい勉強になるということでした。

これは、デジハリ「Webデザイナー講座 就転職プラン」の強みと言えるでしょう。

atGPジョブトレIT・Webの悪い口コミ・評判

atGPジョブトレIT・Webの悪い口コミを紹介します。

障害を分かってもらえなくて悲しかったです。 途中で退所した人がすごく多くて、どの障害でも受け入れると書いてあったけど絞られた人しかダメでした。 デジハリの教材やアドビを使えるのは良いです。 でも分からなくて質問をしたらググればかり言われるので、怖くて聞ける雰囲気ではなかったです。(一部抜粋、太字筆者)

GoogleMap「atGPジョブトレIT・Web渋谷」口コミ

障害に理解のない質の低いスタッフもいるようです。

これはatGPジョブトレIT・Webに限ったことではありませんが、どこの事業所にも質の低いスタッフはいます。

質の低いスタッフが担当になった場合は、担当スタッフの変更を申し出る必要があります。

atGPジョブトレIT・Webをオススメする人

6

atGPジョブトレIT・Webは、こんな人にオススメします。

  • 事業所に通えるエリアに住んでいる人
  • 就職に対して不安のある人
  • 専門スキル(Web制作スキル)を身に付けたい人
  • 症状が安定していて週4以上通所できる人

一般的な就労移行支援との違いは、Web制作スキルを身に付けられること。

就労移行支援の利用を考えていて、Web制作スキル(専門スキル)学びたい人にオススメです。

まとめ:Web制作スキルを学びたいなら、atGPジョブトレIT・Web!

7

atGPジョブトレIT・Webを解説しました。

atGPジョブトレIT・Webのオススメポイントは

  • 就労支援サービスが充実
  • Web制作スキルが身に付く
  • デジハリのWebデザイナー講座が無料

そして、下記の通り高い実績を出しています。

  • 障害者の就職実績No.1
  • 職場定着率91%
  • 満足度92%

以上から、atGPジョブトレIT・Webは、非常に優れた就労移行支援と言えます。

Web制作スキルを学びたいなら、atGPジョブトレIT・Web!

atGPジョブトレIT・Webを利用して、就職を成功させましょう。

【2022年最新】就労移行支援(リワーク)おすすめ5選うつ病(双極性障害)当事者が就労移行支援事業所を紹介します。...