就労移行支援・リワーク

障害者雇用は生活できないって本当?解決策まで解説

障害者雇用
  • 障害者雇用は給料が安くて生活できないって本当?
  • 障害者雇用の現実を知りたい!
  • 障害者雇用で生活していく方法は?

このように思っている方は多いのではないでしょうか?

結論から言いますと、障害者全体の平均給料は低いです。

ただし、給料の低さには理由があり、理由をきちんと理解すれば、上げていくことが可能です。

そこで今回は、障害者雇用の給料が低い理由を解説し、その解決策までお伝えします。

記事の内容は以下です。

  1. 障害者雇用の給料の実態
  2. 障害者雇用の給料が低い理由
  3. 障害者雇用「給料が低い問題」の解決策

この記事を読むことで、障害者雇用「給料が低い問題」の実態と解決策が分かります。

あつき

この記事を書いている筆者は、双極性障害です。

障害者目線で解説します。

厚生労働省のデータを用いながら分かりやすく解説しますので、ぜひ最後までお読みください。

障害雇用の給料の実態

実態

まずは障者雇用の給料の実態を見ていきます。

日本人全体と障害者の平均月収をまとめました。

対象平均月収
日本人全体30.9万円
身体障害21.5万円
知的障害11.7 万円
精神障害12.5万円
発達障害12.7万円

参考:平成30年分民間給与実態統計調査結果について(国税庁)平成30年度障害者雇用実態調査結果(厚生労働省)

冒頭でお伝えした通り、障害者の給料は日本人全体と比べて、非常に低いことが分かります。

障害者だけで見ますと、身体障害の給料が一番高いですが、それでも日本人全体の3分の2です。

知的/精神/発達障害に関して言うと、日本人全体の半分にも及びません。

なぜ、障害者雇用と一般雇用にここまでの差があるのでしょうか。

障害者雇用の給料が低い理由

理由

障害者雇用の給料の低さには理由があります。

理由は下記の通りです。

  1. 非正規雇用が多い
  2. 労働時間が短い
  3. 勤続年数が短い
  4. 単純作業が多い(事務補助、清掃、軽作業など)

理由を1つ1つ見ていきましょう。

① 非正規雇用が多い

障害者の正規雇用と非正規雇用の割合を表にまとめました。

対象正規雇用非正規雇用
日本人全体62.1%37.8%
身体障害52.5%47.1%
知的障害19.8%80.0%
精神障害25.5%74.4%
発達障害22.7%77.2%

参考:労働力調査 平成30年平均結果の概要(総務省統計局)平成30年度障害者雇用実態調査結果(厚生労働省)

障害者の正規雇用で働く人の割合は、非常に低いことが分かります。

これが、障害者の平均給料を下げている理由の1つです。

特に、知的/精神/発達障害の正規雇用で働く人の割合は、その低さが顕著に表れています。

日本の非正規雇用は、正規雇用と比べると待遇が悪く給料も低いため、平均値もぐんと下がっています。

② 労働時間が短い

下の表は、障害者の1週間に働くことになっている時間(所定労働時間)です。

対象30時間以上20〜30時間20時間未満
身体障害79.8%16.4%3.4%
知的障害65.5%31.4%3.0%
精神障害47.2%39.7%13.0%
発達障害59.8%35.1%5.1%

参考:平成30年度障害者雇用実態調査結果(厚生労働省)

表を見ると、1週間に30時間以上働く人が少ないことが分かります。

一般雇用のフルタイムで働く人は、1週間に約40時間(1日8時間×5日)働く人がほとんどですので、1ヶ月の給料に差が出るのは当然です。

これに加え、一般雇用の人は、残業時間が障害者雇用の人より多いため、月収の差がさらに広がります。

③ 勤続年数が短い

障害者の平均勤続年数を表にまとめました。

対象平均勤続年数
日本人全体12.2年
身体障害10.2年
知的障害7.4年
精神障害3.2年
発達障害3.3年

参考:平成30年分 民間給与実態統計調査(国税庁)平成30年度障害者雇用実態調査結果(厚生労働省)

障害者の平均勤続年数は、日本人全体を大きく下回っていることが分かります。

特に、精神障害者は勤続平均年数が1番低いです。

理由は以下の通りです。

精神障害の離職理由
参考:平成30年版厚生労働白書(厚生労働省)

職場環境や仕事内容のミスマッチ、病気の悪化が挙げられます。

勤続年数が短いと、昇給が難しく給料が上がっていきません。

これも障害者の給料が低い理由の1つです。

④ 単純作業が多い

障害者雇用は、事務補助、清掃、軽作業といった誰でも出来る単純作業が中心です。

このことは企業が出す求人にも表れています。

下記表は、障害者向け求人サイト大手「dodaチャレンジ」の職種別求人数です。

職種求人数(件)*2022年1月
クリエイティブ系職種10
事務系職種975
企画・管理系職種61
医療系専門職(医療/介護/福祉)4
営業職13
専門職種(コンサルタント・マーケティング・不動産・士業系)2
技術系職種(IT/通信)163
技術系職種(建築/土木/プラント/設備)48
技術系職種(機械/電気/組み込み)67
技術系職種(素材/化学/食品/その他)17
販売・サービス系職種42
金融関連専門職種3

事務職が求人の大部分を占めていることが見て取れます。

これらの仕事は、障害者雇用に限らず、一般雇用でも給料が低い傾向にあります。

障害者雇用の給料が低い理由
  1. 非正規雇用が多い
  2. 労働時間が短い
  3. 勤続年数が短い
  4. 単純作業が多い(事務補助、清掃、軽作業など)

障害者雇用「給料が低い問題」の解決策

解決策

ここまで、障害者雇用の給料の実態と理由を解説してきました。

ここからは解決策を紹介します。

解決策は以下の通りです。

  1. 支援制度を利用する
  2. 一般雇用の人と同じ労働時間働く
  3. よりよい待遇を求めて転職する
  4. 専門スキルを身に付ける
  5. 一般雇用に転職する

1つ1つ解説していきます。

① 支援制度を利用する

まず考えたいのは支援制度の利用です。

代表的な支援制度は5つあります。

  • 自立支援医療制度
  • 障害者年金
  • 障害者控除
  • 特別障害者手当
  • 生活保護

インターネットで検索すると、制度を利用できる条件が分かります。

自分はどの支援制度を使えるのか、一度確認してみてくださいね。

② 一般雇用の人と同じ労働時間働く

次に考えたいのは、一般雇用の人と同じ労働時間働くです。

目標は、1週間に約40時間(1日8時間×5日)働くこと。

厳しいことを言いますが、労働時間が短ければ給料は低くなります。

一般枠の人と同じ労働時間働けるようになれば、自ずと給料は上がります。

給料が低いのを理由に障害者雇用から一般雇用へ転職する前に、どうしたら1日8時間働けるかを考えてみましょう。

(現実、1日8時間働けないのに一般雇用を選ぶのは厳しいです。)

1日8時間働くためには、「障害の理解」と「体調の安定」が必須です。

「障害の理解」と「体調の安定」に不安のある方は、就労移行支援の利用をオススメします。

就労移行支援とは、一般企業への就職を目指す障害者を対象に、就職に必要な知識やスキルを習得し、就職後も職場に定着できるようにサポートを行うサービスです。

大手の就労移行支援は、下記にまとめていますのでご覧ください。

【2022年最新】就労移行支援おすすめ5選(経験者が解説!)実際に就労移行支援を利用した筆者が、おすすめの事業所を紹介します。...

③ よりよい待遇を求めて転職する

「②一般枠の人と同じ労働時間働く」ができるようになった人は、よりよい待遇を求めて転職するのもありです。

  • 非正規雇用から正規雇用へ
  • 給料の低い会社から給料の高い会社へ

ただし、長く安定して働くためにも、転職する会社は慎重に選びましょう。

いくら待遇が良くなっても、長く働くことができなければ意味がありません。

よりよい就職をするためには、転職エージェントを利用するのがオススメです。

転職エージェントをオススメする理由は

  • 正規雇用の求人が多い
  • 専任アドバイザーがついてくれる
  • 自分の障害にマッチングした求人を紹介してくれる(→長く働くことにつながります)
  • 応募書類の添削や面談の対策など、就職活動全般をサポートしてくれる
  • 就職後も定着支援をしてくれる

おすすめの転職エージェントは下記にまとめてますので参考にしてください。

【2022年最新】障害者向け求人サイトおすすめ5選|よい求人に出会うためのコツを解説障害者向け求人サイトを紹介。絶対に登録したいサイトサイトをまとめました。就職活動を成功させましょう...

④ 専門スキルを身に付ける

上でもお伝えしましたが、障害者雇用の業務は、誰でもできる単純作業が中心であり、それが給料の低さに繋がっています。

逆を言うと、障害者雇用でも専門スキルを身に付ければ、給料UPを狙うことが可能です。

最近では、専門スキルを身に付けるための施設もありますので、活用してスキルアップを目指しましょう。

参考例)

>>atGPジョブトレIT・Web(Webスキルを身に付けることができる就労移行支援)

⑤ 一般雇用に転職する

最後に、一般雇用に転職するです。

しかし、これは非常にハードルが高いです。

下記グラフを見てください。

障害別定着率

参考:障害者雇用の現状等(厚生労働省)

障害者雇用と一般雇用で就職した人の職場定着率です。

一般雇用(非開示)で就職した人の職場定着率は、障害者雇用で就職した人の半分程度しかありません。

一般雇用で就職した場合、多くの人は1年以内に辞めています。

つまり、障害者が一般雇用で働くことは難しいということです。

理由は、一般雇用では障害に対して配慮が受けられないからです。

そうは言っても、一般雇用は魅力的ですよね。

そこで筆者は、段階的に転職することをオススメします。

  1. まず障害者雇用で1日8時間働く
  2. 次に一般雇用に転職する

いきなりハードルの高い一般雇用を目指すのではなく、障害者雇用から徐々にステップアップする。

これが一般雇用で働くための1番の近道です。

障害者雇用「給料が低い問題」の解決策
  1. 支援制度を利用する
  2. 一般雇用の人と同じ労働時間働く
  3. よりよい待遇を求めて転職する
  4. 専門スキルを身に付ける
  5. 一般雇用に転職する

まとめ:障害者でも生きていける

まとめ

いかがだったでしょうか。

障害者雇用の給料の実態、給料が低い理由、解決策を解説しました。

給料が低い理由は

  • 非正規雇用が多い
  • 労働時間が短い
  • 勤続年数が短い
  • 単純作業が多い(事務補助、清掃、軽作業など)

解決策は

  • 支援制度を利用する
  • 一般雇用の人と同じ労働時間働く
  • よりよい待遇を求めて転職する
  • 専門スキルを身に付ける
  • 一般雇用に転職する

でした。

ご自身の状況と合わせて、参考にしていただけたら幸いです。

【2022年最新】就労移行支援おすすめ5選(経験者が解説!)実際に就労移行支援を利用した筆者が、おすすめの事業所を紹介します。...
【2022年最新】障害者向け求人サイトおすすめ5選|よい求人に出会うためのコツを解説障害者向け求人サイトを紹介。絶対に登録したいサイトサイトをまとめました。就職活動を成功させましょう...